活動報告

ケントホーストRC 20周年記念

2017.06.03

創立20周年祝賀会 20周年記念

2017.06.03

創立20周年記念式典 20周年記念

2017.06.03

記念講演会『未来を作る街づくり』建築家 隈 研吾氏、パネルディスカッション 隈 研吾氏(建築家)、森 雅志氏(富山市長) 20周年記念

2017.05.23
建築家の隈研吾氏をお招きし、富山ロータリークラブ様に共催いただき、記念講演会を富山電気ビルで開催しました。また、当クラブの濱田修会員がコーディネートし、隈研吾氏、森雅志富山市長のパネルディスカッションも同時開催いたしました。

当日は、県立富山工業高校の建築家の生徒、富山クリエイディブ専門学校の建築学科の学生など、建築関係の学生さんや、ロータリークラブの会員の方、一般の方など、約400名の方にご来場いただき、盛会のうちに終えることができました。心より感謝申し上げます。

2016-2017年度職業奉仕委員会第5回勉強会 4月19日(水)

「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」についての勉強会
2017.04.21

<内容>

池上彰著作の「世界を変えた10冊の本」をテキストとし、「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神(マックス・ウェーバー著)」を取り上げた第4章(100~124ページ)を順番に抄読し、随時ディスカッションをしていきました。



<感想>

「第4章 プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」を抄読して心に残った箇所を、抜粋して記載させて頂きたいと思います。


『マックス・ウェーバーが注目したのが、経済的に成功している人々がプロテスタントに多いという現象でした。職業を意味するドイツ単語の「ベルーフ」、英語の「コーリング」には、「神から与えられた使命」(天職)という観念が含まれています。プロテスタントが主流の国の言葉には、その意味があります。


日本は、欧米のようなキリスト教社会ではないにもかかわらず、信用を大事にし、時間に正確で倹約しながら富を蓄積するという「資本主義の精神」が発達しました。ここには「お天道様が見ている」という独自の宗教的背景があったのかも知れません。


「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」を読むことで、宗教と経済との意外な結びつきを論じることが可能なのだということを知って頂ければ幸いです。』      




<次回 職業奉仕委員会勉強会打上開催予定>

日 時 : 6月 21日(水) 午後7時より

場 所 : 未 定




                                                           記 職業奉仕委員長 平木 留里子



100159_01.jpg                   

2016-2017年度職業奉仕委員会第4回勉強会 2月22日(水)

2610地区職業奉仕委員長・村山偉知朗氏及び青山氏のプレゼンテーション より
2017.03.02

今年1月号のロータリーの友に前橋RCの本田博巳氏の寄稿文が載っています。


「職業奉仕はロータリーの根幹か?」という、私たちにとって、大変、タイムリーで興味深いテーマです。
どんなことが書かれているか要約しますと…、


1. 日本の職業奉仕の解釈が世界の考え方とずれている。
2. 2016年の規定審議会で職業奉仕が5つの奉仕部門の一つになったことが明確になった。
3. 日本のロータリーの解釈はガラパゴス化している。
4. 日本の「職業奉仕」論は、世界では「職業倫理」論に相当する。
5. そもそもシェルドンの時代には「職業奉仕」は存在しなかった。
6. 「職業奉仕」という言葉ではなく、「奉仕の理念」という言葉でロータリーの理念を
  深めよう。

ということが書いてあります。


今日はこれに対して、村山氏がご自身の見解を述べられました。


先ず、ロータリーの目的は「奉仕の理念」を奨励するとあります。
「奉仕の理念」という言葉は何回も出てきます先のロータリーの友の本田氏も「奉仕の理念を語ろう」と書いてます。この分かってるようで分からない「奉仕の理念」って、なんでしょう?

と私たちに問いました。


実はロータリーの奉仕の理念は、ロータリーの公式標語になっているのです。
一つは超我の奉仕、 Service above self です。
二つ目は He profits most who serves best です。
この二つがロータリーの奉仕の理念です。

こういうことがロータリーのどこかにちゃんと書いてあるかというと、書いてないのです。
結局、自分たちで勉強するしかありません。
勉強していくと、分かるということです。


何を勉強するとわかるのかというと、皆さんご存じの決議23ー34なのです。
そこには「ロータリーは基本的には一つの人生哲学である。利己的な欲求と利他の感情の間の葛藤を和らげる哲学である。その哲学は Service Above Self の哲学であり He Profits Most Who Serves Best の実践倫理に基づくものである」と書いてあります。
だから、これが「奉仕の理念」ということになります。


その後、村山氏はマックス・ウェーバーの「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」から、シェルドンの「He profits most who serves best」のバックボーンが理解できると解説しました。


最後に、村山氏は『そもそも、定義がはっきりしないどころか、人によって解釈の違う「職業奉仕」という単語を使って、「職業奉仕がロータリーの根幹」なのか、そうでないのかを論争することはナンセンスである。
それでも「何がロータリーの根幹なのか?」を問われた時、「職業奉仕である」と答える人はロータリアンとしての「誇り」・「プライド」を持って思考しているので、決して「ガラパゴス化」ではない。


村山氏は[ロータリーの根幹は「超我の奉仕」と「he profits most who serves best(経済の推進)」である。]と理解しており、これが他の奉仕団体との大きな違いである。』 と結論づけました。


村山氏は「ロータリークラブとは He profits most who serves best という理念を共有した仲間が集まり、互いに切磋琢磨している学びの道場である。」と考えているとのことです。


その後青山氏からも、RIに於ける職業奉仕という言葉と、「He profits most who serves best」 の歴史的変遷に関するプレゼンテーションが行われました。


「He profits most who serves best」 はとても魅力ある言葉です。
この言葉の意味をすべてのメンバーで共有することが,クラブの発展に繋がると思います。



<次回 職業奉仕委員会 勉強会 開催予定>

 

日 時 : 4月 19日(水) 午後7時より


場 所 : ムラヤマ歯科 2階研修室


議 題 : 職業奉仕の概念についての勉強会


(テキスト 「シェルドンの森」の42ページ以降)



                         記 職業奉仕委員長 平木 留里子


100148_01.jpg

堀川小学校とバヌアツ共和国のホグ・ハーバー小学校の交流 20周年記念

2017.03.02
富山みらいロータリークラブ創立20周年記念事業として行いました、富山市立堀川小学校とバヌアツ共和国のホグ・ハーバー小学校との交流事業が、3月4日(土)午後4時55分から、富山テレビで放映されます。

『幸せ』とは何か? を考えさせられる、大変良い番組になっています。

是非、皆さん、ご覧ください。

創立20周年記念事業 『氷川丸ものがたり』上映会 20周年記念

2017.02.05
富山県民共生センター サンフォルテ 2階ホールにて、創立20周年記念事業 『氷川丸ものがたり』上映会を開催いたしました。富山市内の小中学生と保護者、富山市内のロータリー会員様、約400名にご来場いただき、また、ご来賓として森富山市長をお迎えし、大盛況のうちに終えることができました。
ホール入り口には、横浜 山下公園に係留中の『氷川丸』の写真や、創立20周年記念事業として行った、堀川小学校とバヌアツの子どもたちの交流の様子のポスター展示も行いました。

第11回 富山市小学生なわとび交流大会 青少年奉仕

2017.02.05
富山みらいロータリークラブ創立10周年記念事業として始まった、『富山市小学生なわとび交流大会』。第2回大会より富山市が主催し、今年で11回目となります。
延べ1,000名を超える児童が、日頃の練習の成果を思う存分披露していました。
団体戦である「長なわとび」は見応え十分です!

『氷川丸ものがたり』上映会 20周年記念

2017.01.12
創立20周年記念事業の一つとして、富山市内の小中学生を対象に、「氷川丸ものがたり」上映会を開催いたします。
この作品は、主人公である平山次郎の目を通して、氷川丸を舞台に繰り広げられる人間模様を描いており、次世代を担う若者たちに、海の魅力、平和の尊さ、そして仕事の厳しさ素晴らしさを伝えることを目的としたものです。
小中学生のお子様、お孫様とご一緒に参加されますことを心よりお待ちしております。

日 時 : 平成29年2月5日(日) 一回目12:30〜 二回目15:00〜
場 所 : 富山県民共生センターサンフォルテ2階
      (富山市湊入船町6-7/TEL:076- 432-4500)
入場料 : 無料


なお、当日は隣の富山市体育館で「第11回富山市小学生なわとび交流大会」が開催されます。