会長挨拶

会長挨拶


会長 河上 浩康

2018-2019年度 会長 河上 浩康


クラブテーマ:「ロータリーを知り、次世代につなげる発展を!」


 富山みらいロータリークラブは、歴代会長、理事や委員長の頑張りがあって、創立以来順調に会員数を増やし、他のクラブにはない活動も積極的に行ってきました。おかげさまで、活力があり楽しいクラブとして地区の他のクラブに知られるようになってきました。今年は創立22周年を迎えて、築き上げた良い点を伸ばすとともに、これまでの活動の検証を行ない、今後十年余りの長期ビジョンを構築する時期になっております。

 2018-2019年度RI会長バリー・ラシン氏(英国連邦・バハマ)の会長テーマは「BE THE INSPIRATION(インスピレーションになろう)」です。インスピレーションという言葉の解釈はいろいろとあるかと思いますが、私は「啓発者」という意味に捉えています。

 2018-2019年度2610地区ガバナー若林啓介氏(富山クラブ)は、「ロータリーを知ろう、知ってもらおう」を地区活動方針として掲げておられます。

 以上をふまえて、今年度の当クラブのテーマは「ロータリーを知り、次世代につなげる発展を!」にしました。ロータリークラブとはどんな団体か、ロータリアンとしてどのようなことを心がけていけばよいのかを、1年間クラブメンバーの方々とともに学び、語り合いたいと思っています。まず、五代奉仕である、クラブ奉仕、職業奉仕、社会奉仕、国際奉仕と青少年奉仕がいかなるものかを、卓話、研修会やIDMなどで学んでいきたいと思います。これと並行して、”みらいビジョン”検討特別委員会において、当クラブの今後の方向性を考えていきます。

 おわりに、この1年間楽しく学び語り合って、会員相互の親睦を深めるとともに、ロータリーを知りましょう。そして、各々の倫理観の高い仕事や行動を通じて、地域社会や世界平和に貢献できるクラブをめざしていきましょう